ホーム農地をもっと活かしたい農地中間管理事業 > 活用ケース・利用メリット

農地をもっと活かしたい

農地中間管理事業の主な活用ケース

ケース1  高齢の方々が農業経営からリタイアするときは?

リタイアする方は、まず県の第3セクターである農地中間管理機構に農地を貸します。農地中間管理機構は担い手ごとの希望も踏まえて利用農地が集約化するよう配慮して担い手に貸すことが可能となります。

ケース2  地域の担い手が相互間で分散している農地(利用権)を交換したいときは?

利用権の交換を希望する担い手それぞれが、まず農地中間管理機構に利用権を移転します。農地中間管理機構は利用農地が集約化するよう配慮して担い手に農地を貸し、利用権の交換が簡易に行えるようにします。

ケース3  農地を貸し付けたいが、受け手がいないときは?

農地中間管理機構が農地を借り入れて適正に管理するとともに、農地中間管理機構は並行して借受希望者の募集等を進め、場合によっては市民農園・新規就農者研修農場等としての活用の可能性を探ることで、農地の所有者自らが受け手を探すよりも効率的に受け手を見つけることが可能となります。

ケース4  近くの農地を貸して欲しいが遊休農地となっていて困っているときは?

まず、農地を貸して欲しい者(A氏)は隣接する農地の所有者(B氏)と農地中間管理機構の活用を相談します。B氏から農地中間管理機構に申し出て、農地を貸します。A氏は借りたい旨を申し出ます(公募への応募)。その時点で、農地中間管理機構は条件整備を実施し、遊休農地を解消するので、A氏は隣接する農地をよい状態で借りることができ、既に耕作している優良農地と一体的な農地利用が可能となります。

農地中間管理事業の利用メリット

農地を貸したい方(出し手)のメリット

農地を借りたい方(受け手)のメリット

  • 農地中間管理事業
  • 農地・就農に関するよくある質問
  • 農業用語集
ページTOPへ